「ららぽーと横浜クリニック」紹介ページ

HOSPITAL INFO ナース版

vol.125

ららぽーと横浜クリニック

URL
http://lala-clinic.jp/
住所
〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1
TEL
045-929-5082
  • 施設の特徴
  • トップインタビュー
  • 職場訪問
  • 先輩ナースによるリアルトーク
  • 求人項目

施設の特徴

施設の特徴

 ららぽーと横浜の南立体駐車場横入口というアクセスの良い場所で、快適で安全かつ正確な経鼻胃内視鏡検査、無痛で優しい世界最高水準の大腸内視鏡検査、最新設備の肛門科診察、術後の痛みに極力配慮した肛門疾患に対する日帰り手術など、高度な専門的診療を行っているクリニックである。
 また、総合診療として、内科(定年後の健康管理、生活習慣病、風邪など)や、皮膚科・アレルギー科(花粉症、アトピー性皮膚炎など)も診察している。

施設紹介

トップインタビュー

ららぽーと横浜クリニックの特徴

 胃腸科と肛門科に関しては全国から患者が集まるクリニックで、胃カメラ、大腸カメラの検査や治療のほか、痔の日帰り手術を行っています。

ららぽーと横浜クリニックの歩み

 ららぽーと横浜に2007年に開業したクリニックです。一般的なクリニックですと、開業からしばらくの間は患者さんが少ない日もあるのですが、当院はららぽーと横浜のお客様の流れもあり、開業当初から患者さんゼロという日はなかったですね。開業後も順調に推移して、6年目に現在の場所に移転しました。その後、小児科や整形外科のクリニックも開業して、クリニックモールになっています。
 開業当初の看護師数は3人でしたが、今は5倍ほどの人数になっています。基本的には皆が常勤です。検査や手術の件数が増えることで課題も出てきましたが、皆で乗り越え、解決に繋げてきました。

ららぽーと横浜クリニックの課題

 検査や手術を希望されている患者さんが多く、対応が難しくなっていることですね。当院の患者さんは40代から60代の働き盛りの方が中心で、インターネットで検索されて来院されることが多く、ご近所の70代、80代の方は少ないんです。そのため、検査や手術の希望日がどうしでも土曜、日曜、祝日に集中してしまっています。これをいかに平日に分散させていくかという対応を検討中です。内視鏡室を2室に増やしたのですが、施設自体は大きくできないですしね。

ららぽーと横浜クリニックで学べること

 内視鏡の介助などの手技的なことはもちろん、消化器特有の疾患についても学べます。新人看護師が入職したときには勉強会を開催して、これまで経験してきた診療科の知識を踏まえたうえで、皆の理解力の向上に努めています。当院の看護師は内視鏡が初めてという人が多いんです。胃腸科や肛門科の勤務経験がなくても大丈夫ですから、ご安心くださいね。

求められる看護師像

 検査、手術、外来と忙しいクリニックですので、てきぱきと仕事ができる方、適応力のある方にお越しいただけたら嬉しいです。看護師はシフト制で休憩は1時間を取れますが、検査は休みなく入っていますから、そういった状況を受け入れつつ、これまでの経験も活かしていただきたいですね。

今後の展開

 勉強会の機会を増やしていきたいと考えています。疾患や手技に関しての知識がより豊富であれば、患者さんへの対応も丁寧で、的確なものになるはずです。2015年度は春に入職者を迎えましたので、6月から勉強会を行っていきます。

入職を希望する看護師へのメッセージ

 スタッフの人数が多いところでは人間関係が大変という話をたまに聞きますが、当院はそれなりにスタッフがいるにも関わらず、皆の仲がいいんですよ。これまで人間関係のトラブルがあったことがありません。知識豊富な先輩看護師がお迎えしますので、お互いに成長していきましょう。お問い合わせをお待ちしています。

職場訪問

看護師と他職種間の連携

斉藤看護師:週に1回のミーティングで、各部署の代表者が提案をします。その後、皆で解決に繋げていますが、ミーティングのない日も他職種間で常に連絡をしています

職場の雰囲気

斉藤看護師:事務スタッフは若い人が多いですが、看護師は20代から40代までいます。皆の仲が良く、明るい雰囲気です。看護師の中にはママさん看護師も何人かいますが、家庭と両立しやすい職場だと思います。お互いが働きやすいように、気を配り、助け合っています。

先輩ナースによるリアルトーク

ららぽーと横浜クリニックに入職したきっかけ

 看護学校を卒業後は急性期病院に勤め、その後は10年以上に渡って、透析専門のクリニックに勤務していました。そのうちに違う分野を勉強したくなり、内視鏡がいいなと思うようになったんです。内視鏡の看護に伴う、特別な技術に憧れました。ららぽーと横浜クリニックはインターネットの求人情報で知りました。面接の際に施設を見学させていただきましたが、綺麗で明るいクリニックだという第一印象を受けました。

現在の仕事内容

 内視鏡室に入る日と外来業務の日があります。シフトが組まれていますので、その日によって仕事内容が変わってきます。内視鏡室では内視鏡検査や治療の直接の介助を行います。当院は高度治療だけでなく、風邪や腹痛といったプライマリケアの患者さんもいらっしゃいますので、外来業務の場合は注射や点滴、血圧を測定するなどの仕事もあります。

仕事の遣り甲斐

 患者さんから「お蔭様で、いい検査ができたよ」と声をかけていただいたときは嬉しいですね。患者さんとのコミュニケーションはやり甲斐に繋がっています。

勉強になっていること

 内視鏡全般が勉強になっています。挿入法はもちろん、ポリープについても学びが多いですね。多くの患者さんがいらっしゃるクリニックですので、疾患も豊富です。プライマリケアから難病まで、様々な疾患を看ることができます。

新人へのサポート

 新人ごとにレベル差がありますので、その人に合わせた指導を行っています。最初は先輩看護師が指導について、一つ一つの業務を覚えてもらいます。1対1の場合もあれば、先輩1に対して、新人2の場合もあります。期間は人それぞれですが、平均は1週間でしょうか。
 私の場合は内視鏡や外来が初めてでしたので、戸惑いがありました。それまで経験したのは急性期病棟と透析専門クリニックなのですが、どちらも流れが決まっているんですね。でも、外来は1日にいらっしゃる患者数も違うし、担当するスタッフ数も違いますので、優先順位をつけて仕事に当たらないといけないことが難しかったですね。朝からイメージトレーニングをしたりしました(笑)。
 内視鏡では患者さんのお尻の位置を変えるなど、考えなくてはいけないことが多いですし、生検やポリープでは鉗子を入れたりしなくてはいけません。慣れるまで半年ほど、かかりましたね。
 たまにブランクの空いた看護師が入職することもありますが、不安がないよう、しっかりサポートしています。

福利厚生

 休日は多いですし、希望も通ります。夏や年末年始は1週間の休日もありますが、その希望も通りますね。夜勤もないので、働きやすいです。家庭との両立も可能ですよ。

今後の目標

 今、内視鏡を学んでいますので、内視鏡を究めたいですね。患者さんに「苦痛がなかったよ」と言われると嬉しいですし、いかに苦痛を和らげていけるのか、考えていきたいです。認定看護師取得にも興味があります。

入職を考えている看護師へのメッセージ

 内視鏡や日帰り手術を学びたい方、夜勤が苦手な方にもお勧めのクリニックです。豊富な検査症例がありますので、勉強になりますよ。一緒に働けることを楽しみに、お待ちしています。

ピックアップバナー
コンテンツ
  • 黒岩知事インタビュー
  • ホスピタルインフォ
  • ビギナース
  • Re:ナース40

Cafe de Nurseおすすめコンテンツ


ナースは見た!

黒岩祐治の頼むぞ!ナース

ナース漫画【半熟ナース、病棟を行く】

働きやすい職場を作るリーダー力